ブログ Blog

名残りの蝋梅 Remain of plum blossoms

店の近くに「花と骨董 徂徠」がある。店主もお花担当の方もどちらも素敵な女性。蝋梅をウインドゥに活けたいと思いながらお正月の花が終わる頃に蝋梅も終わるので毎年なかなか実現しなかった。徂徠に伺ったら盛りは過ぎているがまだ花をつけている蝋梅があった。枝に残っている花は少ないけれど、これもなかなか風情あるねぇ・・と二人で合点。合わせるのは赤い椿がいい!と相談に乗ってもらいながらテキパキした彼女は手早く椿の枝や葉を選んでくれる。今年はやっと飾ることが出来て嬉しい。近づくといい匂いが漂っている。ウインドゥの掛け軸は隷書体の漢詩。

この記事をシェアする

Category

Archives

Information

Blog