ブログ Blog

「海北友松展」・・京都国立博物館

 

明日で終わることに気づいて、慌てて京博に行ってきました。            桃山画壇の巨匠「海北友松」

友松といえば何といっても「雲龍図」が頭に浮かぶ。建仁寺の他にも何点も描かれている。 龍の図の墨濃淡の迫力とは違って余白の迫力とでもいうのか、同じく建仁寺の「山水図」が凄かった。大きな画面の前に立つと絵から威圧を感じた。殆どが余白で二艘の舟が画面下に描かれている静かな画面だというのに。

その他、当時の貴族・武将との関係も深かったことがわかる資料も面白かった。

この記事をシェアする