ブログ Blog

夏越祓(なごしはらえ)の人形(ひとがた)Shintoism way to cleanse the impure.

下御霊神社さんから夏越し祓いの人形(ひとがた)がきた。毎年、町内の回覧板で回ってくる。人形に氏名と年齢を書いて、息を吹きかけて体をなでる。五体どころか頭、顔、首、肩、腕、心臓もお腹も・・と気になる所全部を神妙になでてしまう。

一年の半分が終わる6月30日に半年分の穢れを落とすために茅の輪をくぐるのは、出雲系の神社で主に行われるらしい。今月の末が近づくと、神社の息子さん御兄弟が一生懸命に大きな茅の輪を作られることだろう。数日の間、輪はおいてあると思う。夏越祓は6月30日午後5時から行われるようだ。

この記事をシェアする