ブログ Blog

東京の会へ

9月1~3日は桃李会という古美術の会に行ってきました。一日目の下見の日は並んでいる書画骨董の中から自分の範疇の品物を吟味して、翌二日間の会で競り落として手に入れるのですが、自分が思っているより随分高くて買えないことも多々あります。私は殆ど掛け軸しか買わないので(それも数点)、丸二日間の中では待ち時間が長くなります。まとまって時間があくと美術館などに出かける事が出来ますが、売り順によっては長い時間離れにくく、案外会場内にとどまっていることが多いです。

下見の夜は「古裂古美術蓮」の蓮ちゃんと食事します。浜松町の「本枯」という蕎麦屋がお馴染みです。お若いご店主ですがお刺身や季節のお料理がとても美味しいのです。

会に来ると自分の実力の無さを痛切に感じますが、新たに頑張ろうと思えます。

 

この記事をシェアする

Category

Archives

Information