取扱い商品 Products

季鷹賛 光孚画「葵盆」

Kamo Suetaka & Tosa Mitsuzane「Futaba-Aoi」
品番
pw17
サイズ
52.5x32.5  55x127.5
年代
江戸後期 Late Edo period
作者
賀茂季鷹賛
土佐光
賀茂季鷹 宝暦4年(1754)~天保12年(1841)京都の上賀茂神社社家に生れる。有栖川宮職仁親王に歌を学び江戸で加藤千蔭らと混じる。
土佐光 安永9年(1780)~嘉永5年(1852)土佐家の分家、土佐光負の長男。父の跡をついで絵所預となる。
価格
ご売約済み
備考
紙本絹装合箱
神と君乃 恵の露をいく千夏 かけつゝ今日に あふ日なるらむ
上賀茂神社の神官でもある季鷹の和歌が添えられた葵祭に相応しい掛け軸

この記事をシェアする

Category

Archives

Information