取扱い商品 Products

河東碧梧桐 俳句短冊

Kawahigashi Hekigoto
品番
h08
サイズ
5.5x35.8 27x146
年代
明治~昭和初期
作者
河東碧梧桐
明治6年(1873) - 昭和12年(1936)愛媛生まれ。正岡子規の高弟として高浜虚子と並び称され、その後俳句革新運動の代表的人物。少年の頃は子規の友人で後に海軍中将となる秋山真之を「淳さん」と敬愛していた。青木月斗の妹、茂枝と結婚。明治38年頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走る。
価格
50,000円(税込)
備考
山をやく 相談の酒になる哉
大分の長湯温泉商店街に句碑が残っている。この頃に始まった別府・扇山火祭りを見に行ったと思われる。
金地絹本短冊 絹装合箱

この記事をシェアする

Category

Archives

Information

Blog