取扱い商品 Products

浮田一蕙「狂言 釣狐」

Ukita Ikkei 「Kyogen Tsurigitsune」
品番
p38
サイズ
54.5x33.5 66x129
年代
江戸時代後期 19世紀 Late Edo period
作者
浮田 一蕙(可為)
寛政7年(1795)~安政6年(1859) 幕末の復古大和絵の絵師。田中訥言に学ぶ。有職故実の研究、やまと絵の復興に努め。。安政の大獄で投獄され、それが元で没す。
価格
40,000円(税込)
備考
紙本絹装合箱
狂言は「猿に始まり、狐に終わる」と言われるのは「靭猿」で初舞台を踏み「釣狐」を演じて初めて一人前と認められるからだそうだ。「白蔵主」の話を元に作られたとされる。

この記事をシェアする

Category

Archives

Information