ブログ Blog

高雄山 神護寺

  

金堂には平安時代のたっぷりした力強さを感じる薬師如来立像がある。須弥壇の前までは入れて照明も明るいからかハッキリとお姿を拝める。

空海の住居であった大師堂は近世初期に再建したものらしい。

車を停めてからは狭い車道の端をひかれないように気をつけて歩き、清滝川を渡って神護寺にたどり着く。程よい距離だがそこからは結構な石段を登り金堂の前にも又石段がある。空海がここに住んでいた頃は大覚寺の嵯峨天皇に度々会いに行かれたようで、もちろん歩きにくい山道だったに違いないので空海の、当時の人々の健脚ぶりを思ってみた。空海は飛ぶように颯爽と歩いたに違いない。

この記事をシェアする

Category

Archives

Information

Blog