取扱い商品 Products

金剛謹之輔「釣狐」

Kongou Kinnosuke
品番
p14
サイズ
48x36  55x35.5
年代
大正三年
作者
金剛勤之輔
嘉永7年(1854)~大正12年(1923)
金剛流シテ方の能楽師。京都の野村金剛家の長男に生まれる。父の死後は野村三次郎に学ぶ。関西の名手として知られ明治期の名人の一人。面や装束の収集、研究にも力をそそぐ。
価格
ご売約済み
備考
紙本絹装合箱
本紙に経年の折れ

釣狐(つりぎつね)は白蔵主の伝説をもとに作られた狂言の演目の一つ。「猿に始まり、狐に終わる」と言われるように「釣狐」を演じて一人前として認められる。

この記事をシェアする

Category

Archives

Information

Blog